FXの興味深いところは、一つだけの投資の商品であるはずが、お金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」という3種類の期間からどの種類を選定するかということによって、資本の投下の仕方が大きく変わることにあります。1番目に外国貨幣への投入の「長い期間の投資」に関して詳しく見てみよう。長期投資は一年以上の投資を基本としているのが通常です。まず為替の相場で、一年以上も後の相場は円高と予測するか、反対に円安だろうかを連想するのは、多くの場合無謀に近いです。普通は「後々の動向は考えられない」と考えるのが本当のところだからです。予言もできないのに一生懸命に考えようとしたところでそんなことは意味のないものなのです。そういったことから、外貨を買った場合、そのタイミングでの価値よりも円が高めになっていてもその分は待っていれば戻ってくるという軽い意識で売買に参加することが大事です。為替の利益をがんばって追いかけることではなく、その他の差益つまりはスワップポイントで利益を上げるということをまず初めのターゲットと決めて出資してみましょう。無論短期的に為替変動の為のマイナスがたくさんなることもあります。そういう訳でこのような為替差損にさほど困らないよう、レバレッジを必要最小限でトレードするのが大切です。外国為替証拠金取引は、損失が一定範囲を上回って拡大すると追い証(追加保証金)を出さなければならなくなったりそれともストップロスを置く必要があります。ストップロス(ロスカット)になったらそこで売買を打ち切りしなければならず長期投資が厳しくなります。こんなリスクを回避するにはレバレッジ2?3倍に設定して取引するのが良いでしょう。今度は中期投資でのトレードです。中期スタンスでは、一番長くて2ヶ月ほど先を見越しての売買となります。為替の取引の場合、およそ1ヶ月先のことであればおおよそ予想可能だと思います。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)等の国同士のミーティングの内容や為替のトレードで取引している人たちが何を内容に注視しているかを聞いてみればいくぶん、予知できると思います。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見ながらもチャートを確認することによって為替の相場のレベルを把握できるようになり、売買を決定するといいと思います。基本的に、経済情勢とテクニックの両方とも良い感じでありあるいは買い傾向が同様の時は、だいだいその様に変動すると考えて良いでしょう。その時は保有高を増やしておけば一層多いリターンを得られるでしょう。最後は短期のトレードの要点です。ここでいう短期スタンスとは、言わばデイトレーディングを言っています。為替で日計り取引を行う際はファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はまったく関係しないと断言できます。というのは明日の為替のレートの動向に経済の基礎的条件は関係がないからです。ここでの、ポイントは大規模な催し物がある際それによって為替レートが目立って変化する時を狙って取引することです。例としてアメリカで雇用者の統計が出される、または金融政策等によって制作金利が変化するといったこと。こういった絶好のチャンスに変動を逃してはいけないという意味から、短期トレードは専門的な要素が必須となる。